金属表面をより硬く、より美しく保つ。金属表面処理技術を革新

English

NV窒化処理NV窒化処理の特性と原理

NV窒化プロセスの特性

NV窒化は…

適用鋼種は幅広く、環境に優しく、低コスト!

窒化処理は、摺動する機械部品等の摩耗への耐性を高める金属表面処理技術です。
金属表面から窒素原子を進入させ、硬い層を造ることで金属を保護します。
以下3つの方法が代表的ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

一般的な窒化方法

  1. 1.ガス窒化法

    アンモニアガスを使用し、
    低コストで環境にやさしい。
    ただし窒化処理できる金属が限られている。

  2. 2.塩浴窒化法

    シアン化合物を使用。
    幅広い金属を窒化処理できるが、シアン系の薬品を使うので環境面で問題がある。

  3. 3.イオン窒化法

    窒化ガスをイオン化して使用。
    処理前の洗浄作業やセッティングに手間がかかり、生産性が低くコスト高になる。

従来工法の欠点を全てカバーした画期的な窒化量産プロセス
『NV窒化プロセス』独自開発

ガス活性処理とガス窒化を組合せ、
強力な窒化力と制御技術により、高性能な窒化層を実現します。
また、低温処理が可能で、様々な処理に対応します。

窒化比較一覧

窒化比較一覧表

NV窒化プロセスの原理

NV窒化処理は二つの処理を組み合わせた
全く新しい窒化プロセスです!

NV窒化処理が優れるのか?その理由をご紹介致します。

NV窒化処理 = ガス活性化処理(フッ化処理) + ガス窒化処理

ガス活性化処理(フッ化処理)とは?

二つの処理を組み合わせたNVプロセスの最も特徴的な工程、ガス活性化処理。
この処理がNV窒化処理の幅広い処理温度と、適応鋼種の多さの秘訣です。

NV窒化処理工程

  1. 1.不動態膜

    通常、金属表面は不動態膜で覆われています。
    この不動態膜は被処理材が窒素原子の侵入を防ぐために持つ自己防衛手段で、あらゆる金属表面に存在します。
    金属表面処理はこの不動態膜の影響を強く受けます。

    被処理材

  2. 2.ガス活性化処理

    窒化処理を妨げる不動態膜を取り除いてしまうのがガス活性化処理です。
    まず、NVガスによって「不動態膜」を除去し「フッ化膜」に置き換えます。
    温度を上げることにより、さらにフッ化膜は活性化されます。

    被処理材

  3. 3.ガス窒化処理

    不動態膜がフッ化膜に置き換わったら、次にアンモニアガスを導入するとフッ化膜は瞬時に除去されます。
    現れた金属の素地へ、窒素原子は速やかに侵入することができます。

    被処理材

NV窒化プロセスの特長

NV窒化プロセスは、表面活性化処理(フッ化処理)
ガス窒化処理を組み合わせた独自の窒化プロセスです。

特長1
適用可能鋼種が飛躍的に拡大します。
→ 炭素鋼~ニッケル基合金
特長2
300℃後半での低温処理から600℃までの広い温度域での処理が実施でき、
お客様の製品仕様に応じたプロセスの選定が可能です。

◎低温窒化の効果
低歪の実現、母材硬度低下の抑制、表面粗度増加の抑制 など
特長3
低Nポテンシャルでの処理など、細かな雰囲気制御が可能です。
→化合物層厚さや窒化層硬度のコントロール、
 更には割れ・カケ抑制に効果的な化合物層レス窒化処理も可能です。
特長4
例えば「鍛造金型向け」など、特定用途に対応するフレキシビリティに富んだ窒化層の設計が可能です。
→ 化合物層有無・表面硬度・断面硬度 など

NV処理条件は、それぞれの鋼種や処理炉に合わせて弊社技術スタッフが専用のプログラムを作成致します。
プログラムと条件次第でさまざまな処理を可能にするNV窒化プロセスなら、最も良い状態の窒化層を作成できます。
一度お問い合わせ下さい。専門スタッフが丁寧にお答え致します。

NV窒化プロセスの適用部材例

  • Icc600 600℃×10hrIcc600 600℃×10hr
  • SPCC 520℃×3.5hrSPCC 520℃×3.5hr
  • SCM435 550℃×5hrSCM435 550℃×5hr
  • SUS440C 570℃×SUS440C 570℃×
  • SUS304焼結材 500℃×1hrSUS304焼結材 500℃×1hr

ページトップへ

全てのお問い合わせ先は エア・ウォーターNV株式会社 市場開発部まで
tel.06-6412-5355 / fax.06-6412-7688 / E.mail.info-nv-h@awi.co.jp

Copyright (C) AIR WATER NV INC, All rights reserved.