ニュースリリース

2009年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の発行条件の決定に関するお知らせ

2004年10月14日

エア・ウォーター株式会社
(証券コード 4088)
東証・大証 各一部・札証

当社は、平成16年10月13日開催の取締役会において決議いたしました2009年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」といい、そのうち社債のみを「本社債」、新株予約権のみを「本新株予約権」という。)の発行に関し、同日開催の取締役会において発行条件等を決定いたしましたので、既に決定済の事項とともに、下記の通りお知らせいたします。

1.本新株予約権に関する事項
 (1) 本新株予約権の発行価額                               無償とする。
 (2) 本新株予約権の行使に際して
     払 込 を な す べ き 額                   本社債の発行価額と同額とする。
     1株あたりの額(転換価額*)                                  890円
     (参考)
     決定日(平成16年10月13日)における株価等の状況
     イ.東京証券取引所の株価(終値)                             742円
     ロ.アップ率 〔{(転換価額)/株価(終値)-1}×100〕               19.95%
     *本新株予約権の行使に際して払込をなすべき1株あたりの額を、「転換価額」という。

 (3) 株式の発行価額中
     資本に組入れる額                               1株につき445円

 (4) 本新株予約権の発行価額を無償とする理由及びその行使に際して払込をなすべき額の算定理由
本新株予約権は、転換社債型新株予約権付社債に付されたものであり、本社債からの分離譲渡はできず、本新株予約権が行使されると代用払込により本社債は消滅し、かつ本社債が繰上償還されると本新株予約権の行使期間が終了するなど、本社債と本新株予約権が相互に密接に関連することを考慮し、また、本新株予約権に内在する理論的な経済的価値と、本社債に本新株予約権を付した結果、本新株予約権付社債全体の発行に際し、本社債の利率、発行価額等のその他の発行条件により当社が得ることのできる経済的価値とを勘案して、その発行価額を無償とした。
本新株予約権付社債が転換社債型新株予約権付社債であることから各本新株予約権の行使に際して払込をなすべき額は本社債の発行価額と同額とし、当初の転換価額は、ブックビルディングの結果等を考慮し平成16年 10月13日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値を20%上回る額(1円未満の端数は切捨て)とした。

2.本社債に関する事項
 (1) 本社債の発行価額                    本社債の額面金額の100%
 (2) 本新株予約権付社債の
発行価格( 募集価格 )                  本社債の額面金額の102.5%
 (3) 本 社 債 の 利 率                     利息は付さい。
 (4) 固 定 為 替 レ ー ト                      該当事項し。

 〈ご参考〉 2009年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の概要
 (1)本社債の発行総額
175億円及び幹事引受会社の追加買取権の行使により追加的に発行される本社債の額面金額合計額並びに本新株予約権付社債券の紛失、盗難又は滅失の場合に適切な証明及び補償を得て発行することがある代替新株予約権付社債券に係る本社債額面金額合計額
 (2)発 行 決 議 日               2004年10月13日
 (3)申込期間(海外のみ)             2004年10月14日~10月29日
 (4)払込期日及び発行日             2004年11月1日
 (5)行 使 請 求 期 間
2004年11月15日から2009年10月23日(本社債が2009年10月23日より前に繰上償還される場合には、当該償還日の3銀行営業日前の日)の営業終了時(預託地時間)までとする。但し、当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、本新株予約権の行使請求期間は、期限の利益喪失時までとする。
 (6)償 還 期 限                  2009年10月30日

以上

【本件に関するお問合せ先】
◇ エア・ウォーター株式会社 広報室長  岸 貞行
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目20番16号
TEL.06-6252-5411 / FAX.06-6252-3965

ニュースリリース一覧に戻る