ニュースリリース

株式会社日本海水の株式譲り受けについて

2007年09月19日

 当社は、本日、株式会社日本海水への資本参加を決定し、9月28日付けでアドバンテッジパートナーズLLP(本社:東京都港区、共同代表パートナー:笹沼泰助/リチャード・L・フォルソム)がサービスを提供するファンドなどから、日本海水の株式51.5%を譲り受け、同社とその傘下にある製塩を中心とする海水関連事業6社をグループに加えることとなりました。
 当社は、「空気と水」に関わる事業創造を経営理念としており、かねてよりタテホ化学工業株式会社による海水の資源を活用したマグネシア事業を通じて、水と大きな関わりを持ってまいりました。
一方、日本海水は、海水資源を豊かな生活に結びつけようという企業ビジョンのもと、塩事業・海苔事業・環境事業を中心に事業展開を行っており、特に国内製塩ではシェア50%以上のトップメーカーです。
 今後、日本海水は従来どおり自主・独立路線を維持しながら事業の成長を追求してまいります。さらに当社としては、日本海水とタテホ化学工業とともにグループ総合力を結集し、海水資源を有効活用する研究・技術開発を一層推し進め、将来は「海水産業」としての新たな事業創出を目指してまいります。

1.経緯
 当社は1988年、タテホ化学工業への資本参加を行い、海水事業への取り組みを開始いたしました。タテホ化学工業は海水成分を有効活用したマグネシア製品のスペシャリストとして、苦汁(にがり)を原料とした高級電磁鋼板用酸化マグネシウム、また水酸化マグネシウムを主成分とする半導体用難燃剤、さらに、特長ある結晶コントロール技術を活用したPDP用酸化マグネシウムなど先端技術分野に不可欠な製品を製造供給してまいりました。
 日本海水は2003年11月に旭化成株式会社傘下の製塩子会社2社(当時業界1位の新日本ソルト株式会社と業界3位の赤穂海水株式会社)が、ファンド傘下で独立した後、2004年10月に事業統合・合併して発足いたしました。製塩事業は全国3地域の製塩工場が統合合理化され競争力ある事業となり、国内製塩市場の50%を占めるリーディングカンパニーとなっています。さらに日本海水は、「人と海を技術でつなぎ、食と健康、そして人々のよりよい生活に貢献」することを企業理念として掲げ、生活に不可欠な製塩事業を基盤に海水に関わる事業領域の拡大を目指してまいりました。
 経営理念と社名に空気と水の事業を表象する当社は、かねてよりマグネシア事業を核とした海水事業の拡充を希求してまいりましたが、今回、日本海水をグループに迎えることによって、タテホ化学工業とともに海水産業を創出していく上での基盤を確立するところとなりました。
海水は多種多様な元素が含まれていますが、分離抽出して利用されている成分は塩、マグネシウム、臭素などごく一部で、微量成分とはいえ多くの元素が未利用で残されています。海水は、工業的利用という側面では未開拓の分野であり無限の可能性を秘めているといえます。こうした点に着目し、当社は、未利用の海水成分の抽出に関する技術開発をはじめ、海水塩の特性を生かしたアプリケーション開発など、海水資源の有効活用を推進してまいります。

2.株式会社日本海水の概要
 (1) 設立     1995年10月     新日本ソルト株式会社設立(前身である新日本化学工業株式会社から事業継承)
 (2) 沿革     2004年10月     赤穂海水株式会社と合併し、株式会社日本海水に社名変更
          2005年10月     浦島海苔株式会社をグループ化
          2006年  4月     讃岐塩業株式会社を吸収合併し、現在に至る
 (3) 資本金      1,300百万円
 (4) 本社      東京都中央区日本橋大伝馬町10-6
 (5) 代表者      代表取締役社長 植岡 佳樹
 (6) 事業内容      塩事業、海苔事業、環境事業
 (7) 従業員      608名 内、契約社員167名(2007年7月1日現在)
 (8) 株主      アドバンテッジパートナーズLLPがサービスを提供するファンド66%、旭化成株式会社10%、三井物産株式会社5%、タテホ化学工業株式会社5%、その他14%
 (9) 連結売上高      19,096百万円(2007年3月期)
 (10)主要拠点      小名浜工場、赤穂工場、讃岐工場、玉名工場(浦島海苔株式会社)

3.日本海水グループ
 旭ソルト株式会社、赤穂ソルト開発株式会社、讃岐ましお株式会社、浦島海苔株式会社、浦島食品工業株式会社、サミット小名浜エスパワー株式会社(日本海水の持分法適用会社35%出資)

4.その他
 エア・ウォーターの経営理念
「創業者精神を持って空気、水、そして地球にかかわる事業の創造と発展に、英知を結集する」

以上

【本件に関するお問合せ先】
◇ エア・ウォーター株式会社 広報室長  岸 貞行
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目20番16号
TEL.06-6252-5411 / FAX.06-6252-3965

ニュースリリース一覧に戻る