エコロッカの特長

公的機関認定製品等

エコロッカ・エクステリア製品は、環境保全に配慮した環境負荷の小さい素材として公的機関により各種認定を受けています。

エコマーク 第08137008号

エコロッカは、木質の混合比を51~55%として、柔らかな木の風合いを実現しており、エクステリア・公共景観材、インテリア材等で最適な素材として活躍します。

環境JIS 認定番号 TC0309021

「環境JIS」とは、環境・資源循環に関する日本工業規格を意味するもので、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進などの役割を果たす規格のことを指しています。
エコロッカデッキは、JISA5741「木材・プラスチック再生複合材」として認定を受けています。
(2010年3月29日 取得)

信州リサイクル製品認定 認定番号 第213003号

「信州リサイクル製品認定」とは、長野県内で発生した循環資材を利用して、県内の事業所で製造加工された製品のうち品質・安全性や循環資材の含有率などの基準を満たす製品のことを指しています。
エコロッカデッキは、「再・未利用木材利用資材」として認定を受けています。
(2010年2月22日 取得)

茨城県リサイクル製品認定 認定番号 15-H21-2

「茨城県リサイクル製品認定」とは、県内で発生した循環資源を利用し、県内で製造された一定の基準を満たすリサイクル製品を県が認定し、PRを行うなど、リサイクル製品の利用を促進する制度です。
エコロッカデッキは、「木材・プラスチック再生複合材」として認定を受けています。
(2007年3月30日 取得)

福岡県リサイクル製品認定 認定番号 第111120101号

品質、安全性などについて一定の基準を満たすリサイクル製品を県が認定しその利用を促進することにより、資源循環利用および廃棄物減量の促進を図り、循環型社会の形成に資することを目的としている制度です。
エコロッカデッキは、「木材・プラスチック再生複合材」として認定を受けています。
(2011年8月29日 取得)

愛知県リサイクル資材評価制度 認定番号12)-63

愛知県で、平成14年から始まった「愛知県リサイクル資材評価制度(愛称:あいくる)」。
公共工事で、より多くのリサイクル資材を利用してもらうために生み出され、認定登録された資材を県の公共工事で率先利用する制度です。
エコロッカデッキは、「木材・プラスチック再生複合材(アシストコンポジットデッキ)として認定を受けています。
(2012年12月28日 取得)

みなとモデル二酸化炭素固定認定制度 対応製品

東京都港区内で建てられる建築物等に、国産木材の使用を促すことで、区内での二酸化炭素(CO2)固定量の増加と国内の森林整備の促進によるCO2吸収量の増加を図り、地球温暖化防止に貢献する制度です。
エア・ウォーター・エコロッカはこの制度に参加し、「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定」を締結した長野県信濃町の木材を使用して製品を製造することで、二酸化炭素の固定と国内森林整備の促進に貢献しています。
(2013年4月18日 認証)

大阪府リサイクル製品認定 認定番号 151001

大阪府では、循環資源(廃棄物)を原料としたリサイクル製品(再生品)について、消費者の利用促進や製造者の育成を図ることを目的とし、平成16年度より「大阪府リサイクル製品認定制度」を運用しています。資源を循環的に利用することで、「天然資源の投入」、「焼却等の処分」、「燃料化など1回きりのリサイクル」の流れを減らし、『循環型社会』の形成を目指しています。
エコロッカデッキは、「大阪府リサイクル製品」としての認定を受けています。
(2015年10月1日 取得)