環境・社会

社会との関わり

女性の活躍推進への取り組み

当社方針

企業活動に貢献できる女性を採用・育成することにより、女性の活躍を推進するとともに、人材層の多様化による組織力向上を図ります。

1.計画期間

第1期 平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)

2.当社の課題

(1) 女性の新卒応募者が少なく、採用者の男女比に差がある
(2) 女性社員の継続就業を支援する制度や環境整備が必要
(3) 女性管理職比率が低い

3.行動計画

目標(1)新卒入社者における女性比率を順次高め、5年後に25%到達を目指す

取組内容と実施時期
平成28年度
  • 女性社員を採用担当に任命し、当該社員による会社説明会開催
  • インターンシップにおける女性参加者の積極動員
  • 少人数での女性限定就職相談会を定期開催
  • 女性社員の活躍状況を当社HPや就職ナビ等にて掲載
  • 活躍している女性社員を採用パンフレット等で紹介
  • 応募者と若手女性社員との交流機会の増加(風土理解)
平成29年度
  • 前年度の結果を踏まえ、上記施策の見直しを実施
平成30年度以降
  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施

目標(2)継続就業に向けた職場風土づくりと各種支援施策の着実な実施、充実強化
(女性社員のライフイベントを事由とした離職の抑制)

取組内容と実施時期
平成28年度
  • 労使による女性活躍推進委員会(仮称)の設置
  • 女性社員を対象とした「女性キャリアセミナー」の実施
  • 育児休業後フォローアップ支援(面談および業務支援)
  • 下記施策導入に向けた社内協議
    ・転勤一時見合せ措置・配偶者転勤時帯同転勤/同行休職制度
    ・退職者の再雇用登録制度 ・男性育休取得支援 等
平成29年度
  • 新制度運用開始および上記施策の継続実施
平成30年度以降
  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施

目標(3)女性管理職候補としての指導監督者層(主事)における女性比率を高める
(平成27年度4.7%→平成32年度8%)

取組内容と実施時期
平成28年度
  • 女性社員を対象とした「女性キャリアセミナー」の実施
  • 所属部署の上司とのキャリア面談の実施
  • 女性早期育成のためのキャリア開発(配属先拡大と定期異動)
  • 女性キャリア採用の強化
  • 上記(2)継続就業支援の実施による離職の抑制
平成29年度
  • 前年度の結果を踏まえ、上記施策の見直しを実施
平成30年度以降
  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施
4.第2期

第1期の最終年(5年目)に、5年間の取り組み実績と効果を検証した上で、第2期(次の5年間)の行動計画を策定する。

情報公表項目

採用

新卒採用 女性比率13.8%(女性12名、全体87名)
※平成23年度~27年度の過去5年間

平均勤続年数(平成27年3月時点)

女性 13.2年 全体17.1年
女性グローバル(総合職)8.1年

指導監督者層の女性比率(平成27年3月時点)

管理職の女性比率 1.1%(女性2名、全体189名)
主事層の女性比率 4.7%(女性15名、全体317名)

女性が活躍する職場づくり

当社グループが多角的な事業展開を推進し、飛躍的な成長を遂げられたのは、「人材の多様性」があったからだと言っても過言ではありません。今後も「産業や人の暮らしになくてはならない会社」として存在し、成長し続けていくために、ダイバーシティをさらに強化すべく、女性が活躍する職場づくりを推進していきます。

女性活躍推進プロジェクトの実施

「エア・ウォーターグループに働く女性たちが“いきいきと仕事のできる会社づくり、職場づくり”」の実践を目的に、豊田昌洋代表取締役会長・CEOを最高責任者、坂本由紀子社外取締役を特別指導役とする「女性活躍推進プロジェクト」が2016年11月に発足しました。「風土をつくる」「制度をつくる」「キャリアを磨く」に資する活動を目指し、「職場風土の改善」「女性の積極的な採用」「女性のキャリアアップ支援」「意欲ある女性の積極的な登用」「ワークライフバランスの実現」「継続就業支援」の6項目を主要施策として取り組んでいます。
取り組みを進めるにあたり、女性従業員と労働組合からなる女性部会を2カ月に1回以上開催し、具体案について話し合い、女性部会に各カンパニー管理職を交えたプロジェクト会議に提案しています。プロジェクト会議でまとまった案は四半期に1回開催する会長・カンパニー長連絡会で審議し、会社の取り組みを決定しています。
プロジェクト会議の提案を受け、2017年4月からフレックスタイム制度の導入や短時間勤務制度の期間延長のほか、継続就業を目的とした転勤に関わる制度の充実、ジョブ・リターン制度の導入、さらにこれら制度に関する相談やプロジェクトへの意見を受け付ける相談窓口の設置などを行いました。
また女性従業員を対象にした「自分のありたい姿」を考える「ビジョナリーライフ・セミナー」や、女性と若手の育成を目的とした個人別育成プログラムを導入しました。さらにパートナースタッフの継続的な育成を図ることを目的とした制度改定を実施するなど、多様な人材が活躍できる土壌づくりを一層推進していきます。

ご意見・ご感想をお寄せください