環境・社会

社会との関わり

安心して働ける職場環境づくり

安全の確保は企業活動の大前提であり、従業員の安全・安心なくしては会社の存続と発展はないと考えています。安全衛生基本方針の下、安全に関する情報を共有し、従業員の安全・安心を第一に考えた職場づくりに努め、労働災害ゼロを目指した取り組みを行っています。

安全衛生基本方針

安全活動に関する施策の基本事項として、「安全衛生基本方針」を制定し、活動に取り組んでいます。

  1. 労働災害ゼロをめざして、総合的かつ計画的な安全対策を推進します。
  2. 従業員の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進します。
  3. 関係法令を順守し、労働安全、交通安全、労働衛生および保安防災の責任体制の明確な職場をつくります。

以上の基本方針の下で、安全衛生教育を通じて、「安全衛生第一」とする従業員一人ひとりの意識の向上と、会社としての風土作りを推進します。

安全衛生体制

エア・ウォーターでは、職場の安全衛生を確保するために中央安全衛生委員会の体制を整えています。中央安全衛生委員会は、安全衛生統括本部長のもとに安全担当委員、衛生担当委員、安全衛生部会長およびエア・ウォーター労働組合が参加し、定期的に開催しています。
また、年度末に5年間無事故・無災害の事業所やグループ会社を安全表彰することで、安全に対する意識や安全衛生活動への取り組み意欲を高めています。
中央安全衛生委員会の内容については、社内ネットワークを通して社内に公開し、情報の共有化を図っています。

安全衛生体制図

労働災害統計

エア・ウォーターグループの2015年度の休業災害は54件でした。2014年度の休業災害53件から増加しています。なお、2015年度の休業災害に対する度数率※ 1は1.61となっており、横ばい状態にあります。
2016年度も引き続き、休業度数率0.90以下を中期目標とした取り組みを行います。
2015年度の事故原因の内訳については、「転倒・つまずき」「墜落・転落」が全体の約4割と多く、「挟まれ・巻き込まれ」「切れ・擦れ」を含めると約6割を占めています。

集計範囲
エア・ウォーター(株)、連結子会社、持分法適用子会社・関連会社、持分法非適用関連会社、非連結子会社

労働災害低減への取り組み

労働災害の撲滅には、これまでに起きた災害について検証し、再発防止に活かしていく姿勢が大切です。エア・ウォーターではコンプライアンスセンターが中心となって事故の傾向を分析し、さまざまな角度から、グループ内の労働災害低減に向けた取り組みを行っています。
労働災害の「原因」に着目した各種対策や教育、事故の多かった「事業」に対して重点的に行った各種防止活動、労働安全衛生法改正に先駆けて行われた「化学物質のリスクアセスメント研修」、労働災害ゼロの取り組みをより深めるさまざまな従業員を対象とした安全研修などいろいろな方向からのアプローチを重ねることで、職場での安全衛生活動が活発になり、高い安全意識が職場の一人ひとりに根付いていくことを目指しています。

労働災害の「原因」からのアプローチ
「事業別」労働災害からのアプローチ
化学物質のリスクアセスメントからのアプローチ
各種安全研修によるアプローチ

安全スローガン

毎年7月の「全国安全週間」にあたり、安全意識の高揚を図るため、グループ会社も含めた全ての従業員に呼びかけ「安全スローガン」を募集しています。
従業員にとっては、職場や家庭で安全について考える良い機会となっています。
優秀作品は表彰するとともに、ポスターにして各職場に掲示しています。併せて、作品の提出率が高い会社や多くの作品を提出した会社をグループ安全衛生優良会社として表彰することで、会社単位での積極的な取り組みを推奨しています。

安全情報の共有

グループ内で発生した事故や各職場の労働安全衛生活動を促す情報などを「安全情報」として、社内ネットワークで配信しています。
特に重大・重篤な事故につながりかねない休業災害が発生した場合は、速やかにリスク分析を行って事故発生の直接原因や再発防止対策を明文化し、これらの情報をグループ内へ提供しています。
情報を共有化し職場へ浸透させることで、職場環境への意識向上や職場改善への水平展開を行い、類似災害の防止につなげています。

ご意見・ご感想をお寄せください