環境・社会

社会との関わり

お客様との関わり(安全・安心な製品やサービスの提供)

お客様の高い期待と信頼に応える製品やサービスの提供に、日々取り組んでいます。
安全・安心を旨とする品質のさらなる向上に向けて、グループを挙げた取り組みを推進しています。

全社品質方針

お客様から『ありがとう』と言っていただける品質の製品・商品・サービスの提供

エア・ウォーターは各部門およびグループ会社の品質保証活動の基本的事項を品質保証規程に定めています。
品質保証規程においてグループ全体の共通方針である「全社品質方針」を設定し、品質保証活動の推進と従業員の品質保証意識の向上を図っています。

品質マネジメントシステムへの取り組み

品質マネジメントシステム

当社グループは、各社で品質マネジメントシステム(ISO9001、ISO13485)認証を取得しています。
グループ内では、内部監査員の養成講習、品質マネジメントシステムの認証取得や継続的改善を支援する活動を行っています。

品質マネジメントシステムに関する研修

品質マネジメントシステムISO9001が「2015年版」に改訂されたことを背景に、内部監査員養成と内部監査技術向上のための研修を全国3カ所で開催しました。

品質保証情報の共有

エア・ウォーターは「品質保証情報」および通達文書を発行し、各部門、グループ会社の品質保証責任者および担当者に対して、品質保証に関する情報の共有を図っています。

品質保証研修会

エア・ウォーターは、品質保証意識の向上および当社グループの情報・技術の共有化を目的に、各種品質保証研修会を開催しています。

産業ガスの品質管理への取り組み

お客様に産業ガスを安心してお使いいただくため、エア・ウォーターは2016年4月に「遠隔監視・支援センター」を創設し、全国の製造拠点を24時間監視する体制を確立しました。
現在、55%(計画に対する達成率)の拠点を監視しており、100%に向けた取り組みを行っています。
また、全国で同じ品質のガスを供給するため、2015年4月から「ガス分析技術認定制度」を設けています。現在は、液化ガスおよび充填容器の製造からパイピング供給に至るまで、全供給拠点の71製造事業所が認定を取得しており、この認定を通じて品質管理手法を統一しています。
さらに、建設工事等の際に行う検査員の分析技量を確保するために「ガス分析作業員認定制度」を設け、これまでに158名の検査員が認定を受けています。今後も認定対象の拡大を行い、品質管理体制を一層改善していきます。
こうした取り組みによって、製造設備から製品ガスに至るまで全社統一体制で管理を行い、お客様に「エア・ウォーター品質」での供給責任を果たしていきます。

LPガスのお客様に対する安心・安全と信頼への取り組み

当社グループはLPガスを利用されるお客様の安心・安全への取り組みとして、北海道の約20万軒のお客様からの電話を24時間365日受け付ける体制をとっています。LPガス臭や着火不良など緊急を要する場合は、全道108拠点の担当者が30分以内に駈け付けて対応しています。担当者は実践形式の防災訓練を毎年行い、保安技術の向上に努めています。
また、LPガスの配送管理システムを設けており、LPガス補給日をお客様の過去のデータから予測して配送計画を立てています。大口需要先の場合は電話回線を利用した残量監視システムを設置しており、規定残量に到達したお客様を自動で配送計画に取り込みます。このためLPガスを安定的に供給することができます。
これらの取り組みにより、お客様に対する安心・安全と信頼を築くよう努めています。

食品安全への取り組み

食品安全体制

エア・ウォーターでは、農業・食品事業の多様化に対応するため、2016年度から農業・食品カンパニー品質管理プロジェクト内に、「飲料」「加工食品」「農産」の3つの部会を設け、より専門的なクレーム分析、品質改善の取り組みを進めています。

食品安全スタッフ研修会

エア・ウォーターでは、「食品の安全・安心」に対する情報・技術の共有化、知識・意識レベルの向上および食品事故の未然防止を目的に、食品安全スタッフ研修会を開催しています。

ご意見・ご感想をお寄せください