事業・製品 産業ガス関連事業

  • 製品・技術・サービス
  • 生産・供給拠点

産業ガス

産業ガス供給方法

シリンダー、ローリー、オンサイト・・・お客様のニーズに応じた最適な供給形態をご提案

エア・ウォーターでは、お客様のガス使用量や使用形態に応じて、さまざまな供給形態でガスを安定的にお届けしています。全国に広がる供給ネットワークを通して地域の隅々までガスをお届けするシリンダー、ローリーから、大型のガス製造設備で24時間にわたって大量のガスを供給するオンサイトまで、その供給方法は多様です。

シリンダー供給

エア・ウォーターのガスビジネスの原点、それがシリンダー(ガスボンベ)による供給です。全国に広がる供給ネットワークを通して、その1本1本を自分たちの手でお客様のもとまできめ細かにお届けできる安定供給体制を確立しています。

供給の特長
供給量 少量
ガスの種類 酸素窒素アルゴン炭酸ガス水素ヘリウムレアガス特殊ガス、混合ガス
供給特性 1本の充填シリンダーから配送を行います。工業用・商業用から研究用まで、さまざまな用途への少量供給が可能です。産業分野では、特に造船、建設、鉄骨、橋梁、金属加工などで使用されます。
供給容器の種類
シリンダー(ガスボンベ)
シリンダーによるガス供給は、最も一般的な方法の一つです。流通しているシリンダーの多くは47L容器(通称:7m3容器)であり、多様な目的に使用することができます。
ガスカードル
複数のシリンダーを集合させ、ラックにセットして使用します。単位時間あたりの高圧ガス流量が大きい場合、昇圧の限界が高いガスカードルによって対応することができます。
LGC(超低温液化ガス容器)
液化ガスを小分け充填してトラック運送できる可搬式容器です。シリンダーと同様にトラックへの積載が可能で、比較的少量のガスを液化状態で使用されるお客様に最適な供給方法です。
デュワー容器
液化ガスのロスが少ない低温断熱容器です。エア・ウォーターでは主に、MRI装置など理化学分野向けに液化ヘリウムを供給するために、ヘリウムデュワーを取り扱っています。
供給イメージ

シリンダーや液化ガス容器による供給の中核拠点となるのは「充填所」と呼ばれる施設です。製造工場で生産した液化ガスは、液化ガスローリーによって充填所まで輸送し、充填所に設置されたCEタンク(液化ガスを貯蔵する大型タンク)に納入します。そして、これをシリンダーや液化ガス容器に1本ずつ小分けしていき、トラックに搭載してお客様のもとまで運送します。

液化ガスローリー・ガストレーラー供給

全国30拠点を超える製造工場で生産したガスを、液化ガスローリーやガストレーラーによって全国のお客様にお届けしています。北は北海道、南は九州まで供給ネットワークを張り巡らし、自社インフラによる製販一貫体制で、安心・安全なガス供給をお約束しています。

供給の特長
供給量 中量~大量
ガスの種類 酸素窒素アルゴン炭酸ガス水素ヘリウム特殊ガス
供給特性 充填シリンダーでは少量な場合や、使用量が一定でない場合に最適です。また、ガス発生装置の定修時や、使用量が製造能力を上回った場合のバックアップ用としても重要な役割を果たしています。
輸送車両の種類
液化ガスローリー
酸素・窒素・アルゴン・炭酸ガスの大量輸送には、液化ガスローリーが有効な供給方法となります。製造工場で生産した各種液化ガスを、お客様の工場や充填所まで輸送します。
ガストレーラー・ローダー
水素やヘリウムなど、ガス体で製造・供給される産業ガスを大量輸送する際には、それぞれ専用のガストレーラー・ローダーが使われます。長尺容器にガスを充填して輸送します。
ISOモジュール(バルク特殊ガス供給システム)
太陽電池、薄型パネル、半導体ウェーハなどの製造プロセスに向けて、特殊ガス(三フッ化窒素、モノシラン)の供給を行うことができます。長尺容器に大量のガスを充填して輸送します。
供給イメージ

大型オンサイトプラント高効率小型液化酸素・窒素製造装置「VSU」で生産された液化ガスは、液化ガスローリーによって輸送され、①お客様の工場内に設置されたCEタンク(液化ガス貯槽)に移された後、液化ガスを蒸発器で気化して工場までパイピング供給されます。また、②充填所のCEに移された液化ガスをシリンダーやLGCに移充填し、各地域のお客様の使用現場まできめ細かに運ばれていきます。

オンサイト供給

「お客様のそばでつくり、そのままお届けする」というオンサイト方式のガス供給によって、常に大量の産業ガスを必要とするお客様のニーズにお応えしています。極低温による深冷空気分離方式、常温でのガス吸着分離方式など、製造設備の種類はさまざまです。

供給の特長
供給量 大量
ガスの種類 酸素窒素アルゴン炭酸ガス
供給特性 お客様の工場敷地内に設置した製造装置でガスを生産し、使用現場までパイプラインでガスを直送します。常に大量のガスを必要とする鉄鋼、エレクトロニクス、化学などの産業分野に最適です。
製造設備の種類
大型オンサイト
高純度の酸素・窒素・アルゴンを大量に必要とする製鉄所や化学工場に隣接設置して、24時間にわたってガスのパイピング供給を行います。
ミニオンサイト
お客様の工場敷地内に中小型のガス発生装置を設置してガス供給を行う、エア・ウォーター独自のガス製造設備です。窒素、酸素、水素のオンサイト供給が可能な各種装置をそれぞれラインアップしています。
PSA式酸素ガス発生装置
常温でガス分離を行い低純度の酸素を発生させる生産設備です。比較的高純度のガスを要しない電炉やガラス溶融炉、紙・パルプの漂白工程に最適なガス発生装置です。
供給イメージ

オンサイトやガス発生装置における最大の特長は、ガスパイプラインによってガス生産設備とお客様工場を直結している点にあります。これにより、大量のガスを常時欠かすことなく供給することが可能となります。また、大型オンサイトプラントの場合、スケールメリットを生かして液化ガスを併産することができるため、液化ガスの生産工場としての役割も兼ね備えます。

液化ガスローリーによる外販供給

パイプラインによる工場内供給