事業・製品 産業ガス関連事業

  • 製品・技術・サービス
  • 生産・供給拠点

ガスアプリケーション

バリ取り装置「超低温ソフトブラスター」

液体窒素の極低温冷却により「バリ」を効率的に除去

ゴムや樹脂などのさまざまな物質には、ある温度以下になると急激に脆くなる性質があり、これを「低温脆性」と言います。
「超低温ソフトブラスター」は、極低温(-196℃)の液体窒素により対象物を冷却し、「メディア」と呼ばれるポリカーボネート製のショット材(小粒)を対象物に衝突させることで、対象物に付いた「バリ(加工面に生ずる不要な突起)」を取り除く装置です。液化窒素の冷却効果により、ゴム成形や熱可塑性樹脂などの成型品の完成時に発生する「バリ」を効率的に除去することが可能です。

使用ガス LN2 液体窒素

特長

  • 製品表面へのダメージ(荒れ・歪み)を出さずにバリ取りが可能
  • 成型品の投入容器がバレルタイプのため高効率投射が可能
  • 不活性ガス(窒素)使用のため、バリ・粉塵の爆発を防止
  • シンプル構造のため省スペース

用途

  • ゴム成型品のバリ取り
  • 熱可塑性樹脂のバリ取り
  • マグネシウム・亜鉛ダイカストのバリ取り

製品・技術・サービスに関するお問い合わせはこちら