事業・製品 産業ガス関連事業

  • 製品・技術・サービス
  • 生産・供給拠点

ガスアプリケーション

窒素式脱酸素装置「デオキシN®

窒素の気液接触により液体中を溶存酸素を処理

窒素式脱酸素装置「デオキシN®」は、酸素成分を含んだ液体(処理水)と窒素の微細気泡を気液接触させることにより、分圧差を利用して液体中の溶存酸素を窒素に移動させることで、液体の脱酸素処理を行う装置です。
デオキシNは、複数のリアクターの組み合わせにより複数回の気液接触を行うシステムのため、少量の窒素で溶存酸素を効率よく低減することが可能です。また、ヒドラジンなどの化学薬品を使用しないため環境に優しく、膜式脱酸素装置のように処理水の水質(SS)や温度等の制約を受けることが無いなどのメリットがあり、幅広い処理適用が可能となっています。

使用ガス N2 窒素

特長

  • 脱酸素コストの大幅低減
  • 広範囲の水温に適応可能(標準30~80℃)
  • 高濃度懸濁物質の原水にも適用可能
  • 窒素の使用量を抑える低ランニングコスト設計
  • 設置場所に応じコンパクト化が可能
  • 薬品未使用のため2次汚染無し

用途

  • ボイラー給水や金型冷却水の脱酸素処理
  • 半導体用洗浄水の脱酸素処理等
  • ビルの蓄熱槽用循環水の脱酸素処理
  • 空調用冷却水(赤水)の配管腐食防止

標準仕様

脱酸素能力 溶存酸素7mg/Lを0.1mg/Lまで低減可能
処理水量 標準性能5~40㎥/h(範囲以外にも対応可能)

装置システムフロー

高アルカリ排水中和処理装置(アプリケーション技術)

高アルカリ排水中和処理装置は、ボイラーブロー水や染色排水などの高アルカリ排水を、ボイラーなどの燃焼排ガス中に含まれる炭酸ガス(CO2)を利用することによって、硫酸などを使用せずに安全に中和処理することが可能です。また、高アルカリ排水中和処理をデオキシNと併用することによって、高アルカリ排水の中和処理から脱酸素処理までを一連して行うことが可能となります。

使用ガス CO2 炭酸ガス
特長
  • 低濃度の炭酸ガスによる中和処理を実現(排ガス中濃度2.5%以上)
  • 中和剤が不要(排ガス中の炭酸ガスによる中和処理)
  • CO2排出量を低減(排ガス中の炭酸ガス利用によりCO2放出削減)
  • 排ガスを自吸(水中散気装置を内蔵しており、ブロワー等の送気機器は不要)
システムフロー
装置ラインアップ
品名 処理水量
NCA-075 1.5m³/h(CO2濃度10%の場合)
NCA-150 3.0m³/h(CO2濃度10%の場合)
NCA-220 6.0m³/h(CO2濃度10%の場合)
NCA-370 12.0m³/h(CO2濃度10%の場合)

製品・技術・サービスに関するお問い合わせはこちら