事業・製品 ケミカル関連事業

  • 製品・技術・サービス
  • 生産拠点

コールケミカル

基礎化学品

コークスの有効成分を分離・精製して高付加価値製品に

エア・ウォーターの石炭化学が出発物質とするのは、石炭を高熱処理することで得られる「コークス炉ガス」と「コールタール」であり、多くの化学品がそこから生み出されています。
エア・ウォーターでは、この「コークス炉ガス」を高度に分離・精製することによって、製鉄所の稼働燃料として還元される「精製ガス」とともに、さまざまな高付加価値の「基礎化学品」を製造し、安定供給しています。

製品・用途

BTX・基礎化学品は、長年にわたって培われた蒸留・晶析などの分離精製技術と誘導体合成技術を生かして、タールに含まれる「芳香族化合物」という、他からは得にくい独自の特性を持った物質から生み出しています。
製品 用途
粗ベンゼン BTX(ベンゼン・トルエン・キシレン)原料、合成樹脂、溶剤
硫安 農業用肥料
硫酸 工業薬品
アンモニア 合成繊維、高純度アンモニア原料
重亜硫酸ソーダ 工業薬品
タール酸 合成樹脂

硫酸リサイクル技術(ニトロ化を基点とした官能基導入)

硫酸(製鉄所副生硫酸)は、コークス炉ガスを湿式脱硫し、廃液を燃焼処理することで製造しています。
エア・ウォーターでは、「特殊ニトロ化剤」の添加によってこの廃液に含まれる不純物をあらかじめ除去する技術(特許取得済)を確立しており、不純物のない安全な製品をお客様に供給することができます。

有害物質の無害化排除技術

粗ベンゼンやアンモニアなどのタールケミカルは、危険物や劇薬に該当するものが多く、こうした化学品を取り扱う上では、一般的なプラントに比べて高度な技術・ノウハウが求められます。
エア・ウォーターでは、大気への排気ガスは触媒燃焼処理・燃焼炉燃焼エアーとして活用することで、排水は微生物の浄化能力を用いた活性汚泥設備で処理することで、それぞれ無害化を行なっています。また、工場周辺の環境については、自動測定器を設置して常時監視するとともに、定期的な分析も行うことで環境汚染対策を行なっています。

製品・技術・サービスに関するお問い合わせはこちら